×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年1月25日  六郷水門と野鳥公園で冬鳥の観察体験の模様
野鳥観察開始!


六郷水門前の公園で観察を始めました。まずはオナガガモのお出迎えです。
オナガガモは人が好き!


この団体は模様がきれいなオス2羽と地味なメス4羽です。
干潟の足跡


干潟に犯人の足跡・・・ではなくコガモやオオバンの足跡が、オオバンは水かきが無いからすぐわかります。
ユリカモメも飛来


パンをあげると、ユリカモメは目の前でホバーリングしてくれます。色や模様もよく見えますよ。
参加者を取り囲んだユリカモメ


参加者はたちまちユリカモメにかこまれでしおまいました。
ピンクの長い足


今年もセイタカシギが来てくれました。真ん中にいる鳥です。見えないかな?
川岸のオナガガモ


オナガガモは人間を恐れないから川岸をあがって近づいてきます。
餌に群がるカモ


参加者が与える餌に寄ってきたガルガモのメス。
観察の結果をノートに記入


どこでどんな水鳥が観察できたかを、ノートに記入していきます。
野鳥公園で観察


双眼鏡を使って東京港野鳥公園の鳥たちを観察します。
設置された望遠鏡を使います。


今日は小型の鷹、ノスリも来てました。望遠鏡だと大きく見ることが出来ます。
copy right(c)2007chikyuchild